【初心者向け】YouTubeで10万稼ぐ方法!再生回数を伸ばすコツを紹介

最近ではスマホの発達で、本格的な機材がなくともいつでもどこでも動画の撮影が可能となりました。

そして、その動画をネット上の動画配信サイトにアップロードすることで、お金を稼ぐ方法があり、中でも動画配信サービス「YouTube」を使った動画配信者が増えており、やり方次第では副業としても成立します。

今回はそんなYouTubeを使い10万以上稼ぐ方法や再生回数を伸ばすコツについてご紹介します!

 

YouTubeとは?

「YouTube」とは2006年にペイパルの従業員によって作られた、動画配信サイトです。

同年12月にGoogleによって買収され、巨大なサーバーが用意。すると長い動画を無数にアップロードできるようになり、現在では世界最大級の動画配信サイトとなり、多くの人が利用しています。

2011年4月からはグーグルアドセンスと連動した「YouTubeパートナープログラム」が実装され、一般人でも動画で収益をあげられる仕組みが整っています。

 

YouTubeで収益が発生する仕組み

それではYouTubeで収益が発生する仕組みについてご紹介します。

まず動画配信を行うだけで報酬を得るには、企業広告が密接に関係してきます。

YouTubeにアップされている動画を視聴した際に数秒ほどの広告を見たことはありませんか?この広告を出している企業こそが動画作成者にお金を払い、自社を宣伝してもらっているというわけです。

正確にはGoogleアドセンスを通してお金のやり取りが行われており、報酬金額は平均1再生ごとに0.1円が目安だと言われています。

つまり動画を10万回再生で1万円ほどの収入に!視聴数が増えるほど広告観覧数が増えるため、より報酬額がアップするということですね。

YouTubeを使って稼ぐには、多くの人が見てくれるような動画作りをしなくてはなりません。

始める前の手順については、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

【初心者向け】YouTubeで稼ぐ方法!収益が発生する仕組み&手順を紹介


 

Youtube副業で月10万円以上稼ぐには?

先述どおり、YouTubeで動画配信をした場合、だいたい10万回再生で1万円が目安になります。つまり、10万を稼ぐとなったらおよそ100万回以上の再生回数が必要となってきます。

「えぇー100万回!?」と尻込みする人も多いでしょう。しかし、1本の動画ではなく複数の動画で100万回再生を達成すると考えれば気が楽になりませんか?

配信動画が多いほど一つの動画に対する視聴数の壁は下がっていきます。必ずしも100万再生を超えるようなヒット動画を生み出さなくても構わないというわけです。

およそ1日に1動画以上、多くの人に刺さる動画を配信し続ければ、着実に収益を増やせます。

 

再生回数を伸ばすコツは?

再生回数を伸ばす上で一番大切なのが視聴者にとって快適で見やすい動画を作ることです。そのためのコツについてご紹介します。

喋るときははっきりとわかりやすく

動画では声をマイクに拾ってもらえるように、はっきりとわかりやすい音量で話すように心がけましょう。

ボソボソと何言っているかわからないような動画は見る気が失せてしまいます。視聴者に聞き取ってもらえるような話し方を習得するといいかもしれませんね。

テロップや効果音を入れる

撮影したものをそのまま投稿するのではなく、編集ソフトを使って見やすく加工することが大切です。

テレビ番組を見ていると文字テロップや効果音を使っているのがわかりますよね。この一手間で動画自体がグッと見やすい作品になるので、編集技術を勉強しましょう。

カット、早送り機能をつける

撮影したものを垂れ流しにするという手もありますが、それでは無駄に動画が長くなり視聴者を飽きさせてしまいます。

そのため不必要な部分はカット、早送りしてあげると簡潔で見やすい動画が完成します。

YouTubeチャンネル登録、関連動画の視聴も促す

YouTubeのチャンネル登録を促したり、自分のやっているSNS、関連動画を紹介すると再生回数のアップに結びつきます。

つまり、ファンが増えることによって人気のチャンネルに成長するため、積極的な宣伝活動が必要になります。

 

まとめ

YouTubeで10万稼ぐには戦略を練り根気よく続けることが大切です。

この記事を見て少しでも興味が湧いたという方は、この夢のある仕事をぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です