【警察採用試験】独学?専門学校進学?あなたはどっち??

この記事を見ていてくれている方は、警察官を目指している学生さんでしょうか?

それとも警察官を志している学生さんの保護者さんでしょうか?

私は専門学校に通い公務員試験に合格して警察官になりました。

実際のところ独学で合格できるのか、進学した方が良いのかについてこの記事では触れていきます。

別の記事に警察官になるためにしてきた事や勉強法など、実際に面接試験で聞かれたことを紹介していきますので参考にしてみてください。

警察官採用試験の概要(受験資格など)

下記内容は平成30年の某県警の内容です。

採用人数

試験種類及び区分 採用
予定人員
受付期間 第1次
試験日
第1次試験
合格発表日
第2次
試験日
最終合格
発表日
(予定)


警察官A (男性) 200人程度 平成30年
3月20日(火曜日)
から
4月10日(火曜日)
(インターネットは、
最終日午後5時まで
受信有効、郵送は、
最終日消印有効)
5月13日
(日曜日)
午前9時30分
から受付
5月18日
(金曜日)
5月24日
(木曜日)
から
6月15日
(金曜日)
のうち
指定する1日
午前8時45分
受付予定
8月13日
(月曜日)
(女性) 35人程度
警察官B (男性) 80人程度
(女性) 25人程度
術科A (柔道) 3人程度
(剣道) 3人程度


警察官A (男性) 80人程度 平成30年
7月23日(月曜日)
から
8月14日(火曜日)
(インターネットは、
最終日午後5時
受信有効、郵送は、
最終日消印有効)
9月16日
(日曜日)
午前9時30分
から受付
9月25日
(火曜日)
10月2日
(火曜日)
から
10月31日
(水曜日)
のうち
指定する1日
午前8時45分
受付予定
12月7日
(金曜日)
(女性) 25人程度
警察官B (男性) 120人程度
(女性) 35人程度
術科A (柔道) 2人程度
(剣道) 2人程度
術科B (柔道) 1人程度
(剣道) 1人程度

 

受験資格

区分 受験資格
警察官A
(男性・女性)
学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業又は平成31年3月までに卒業見込みの人(警察本部長が同等の資格があると認める人を含む。)で、かつ、昭和58年4月2日以降に生まれた人
術科A
(柔道・剣道)
警察官A欄に掲げる受験資格を満たし、かつ、次のいずれかに該当する人
○ 柔道は、段位が三段以上の人で、全日本柔道連盟若しくはこれに加盟する団体が主催して行う競技会又はこれに相当すると認められる競技会において優秀な成績を収めた人
○ 剣道は、段位が三段以上の人で、全日本剣道連盟若しくはこれに加盟する団体が主催して行う競技会又はこれに相当すると認められる競技会において優秀な成績を収めた人
警察官B
(男性・女性)
警察官A欄に掲げる人以外の人で、かつ、昭和58年4月2日から平成13年4月1日までに生まれた人。ただし、第1回試験については、警察官A欄に掲げる人以外の人で、かつ、昭和58年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた人(高等学校を平成31年3月までに卒業見込みの人を除く。)
術科B
(柔道・剣道)
警察官B欄に掲げる受験資格を満たし、かつ、次のいずれかに該当する人
○ 柔道は、段位が二段以上の人で、全日本柔道連盟若しくはこれに加盟する団体が主催して行う競技会又はこれに相当すると認められる競技会において優秀な成績を収めた人
○ 剣道は、段位が二段以上の人で、全日本剣道連盟若しくはこれに加盟する団体が主催して行う競技会又はこれに相当すると認められる競技会において優秀な成績を収めた人

 

試験の方法

試験種目 内容
警察官A(男性・女性)
術科A(柔道・剣道)
警察官B(男性・女性)
術科B(柔道・剣道)
第1次
試験
大学卒業程度の一般的知識(25問)及び知能(25問)についての筆記試験<2時間> 高等学校卒業程度の一般的知識(25問)及び知能(25問)についての筆記試験<2時間>
教養試験(択一式) 出題範囲 知識分野 法律、政治、経済、社会一般
日本史、世界史、地理、人文
数学、物理、化学、生物、地学
法律、政治、経済、社会一般
日本史、世界史、地理、国語、人文
数学、物理、化学、生物、地学
知能分野 文章理解(英文を含む。)
判断推理(言語、非言語)
数的処理
資料解釈
文章理解(英文を含む。)
判断推理(言語、非言語)
数的処理
資料解釈
資格による加点 申込時に柔道二段(術科Aは三段)以上(講道館認定のもの)若しくは剣道二段(術科Aは三段)以上(全日本剣道連盟認定のもの)の資格を有している受験者又は「情報処理の促進に関する法律」に基づく情報処理技術者試験(表2を参照)に合格した受験者に一定点を加点します。詳しくは、下記「資格加点の申請方法及び術科区分の申込方法について」を参照してください。
第2次
試験
論(作)文試験
(記述式)
思考力、構成力等についての筆記試験(論文)<1時間>
1題必須解答  800字程度
(第1次試験日に実施)
表現力、理解力等についての筆記試験(作文)<1時間>
1題必須解答  600字程度
(第1次試験日に実施)
適性検査 職務遂行上必要な素質及び適性についての検査
体格検査 職務遂行上必要な体格についての検査(体格検査項目及び合格基準は、表1を参照)
体力検査 職務遂行上必要な体力についての検査
種目:腕立て伏せ、腹筋、バーピーテスト、握力、反復横跳び
人物試験 人柄、性向等についての個別面接試験  <1人約20分>
身体検査 主として胸部疾患、性病等の伝染性疾患、痔疾等、眼疾、耳鼻咽喉、聴力等、血圧、尿及び肝機能等についての医師による検査

 

独学で勉強するのか専門学校に通うべきなのか?

まだ高校生で警察官を志している人も多いと思います。

私も高校2年生から警察官になりたいと思って、公務員を目指すための専門学校(2年制)に進学しました。

はじめは独学を考えましたが、あまりにも出題される問題数と科目の範囲が広いので要点を抑えるのも至難の業です。

特に警察官の採用試験で最も難易度が高いのが面接試験です。面接対策が出来ていないとかなりの確率で不合格になると思います。

本当に警察官を目指すのであれば専門学校に進学して勉強・対策することをお勧めします。

ちなみに私の通っていた専門学校には20歳を超えてから入学した人もたくさんいるので、社会人になったけど警察官を目指して、採用試験に挑戦したいという方も遅くはありません。

2年生の専門学校の学費は約240万円だったかと思います。

1期分が約120万円×2年分の計約240万円。

自分が通おうと思う学校の資料請求と説明会には必ず行きましょう。

私は専門学校の大原法律公務員専門学校に通っていて、公務員を目指す法律・行政学科と言う学科でした。

学校名が長いですよね、、、願書に出身校を記入するのが大変でした(笑)

専門学校での勉強はかなり過酷!?

大原では勉強の教え方が分かりやすく、公務員試験で戦うための作戦をしっかりと教えてくれましたので勉強に自信がなくても問題ないと思います。

先生方もいい人たちばかりで相談にも親身に対応してくれますよ!

ただし勉強自体はかなりスパルタなので頑張ってください、、、

提出物を忘れる・試験の点数が平均点以下の場合は廊下に連れ出されて(恐怖)・・・そのあとは想像にお任せします。

試験の点数もその都度、得点と名前入りで黒板に掲示されるので、学年順位と点数が悪すぎるとただの公開処刑でしかありません。

しかし、これくらいの事をしないと合格率が10倍以上の競争率の高い公務員試験では合格できないという事を理解してください。

これがあったからこそ血反吐を吐きながら勉強して合格することが出来ました。

私も全然勉強は出来なかったので安心してください。

そして専門学校に通った方が良い理由は学科の勉強ではなく、面接対策のサポートが手厚い事です。

先ほどもお伝えしましたが、警察官採用試験で一番難関なのは面接試験です!!

学科の1次試験に合格できても面接対策が出来てなければ2次試験で不合格になってしまいます。

独学の場合は学科試験の対策や勉強であればできますが、面接は実際に緊迫した状況下で思った事を伝えられる力が必要です。

特に本番の面接試験は現役警察官と県庁職員が相手になりますので、面接という環境に慣れることが必要になりますし自分の言っている内容が相手に伝わっているのかアドバイスしてくれる人が必要です。

専門学校であれば面接に対する的確なアドバイスをくれるはずです。

独学じゃ絶対に合格できない訳ではありませんが面接に関しては場数と経験、話す内容など多くの対策が必要です。

面接は第3者から見て一緒に働きたいと思ってくれるかが重要になるので、自分では大丈夫だと思っていても合格になるわけではないという事を忘れないでください。

下記の別記事にて勉強方法と実際に面接で聞かれた内容などを書きますのでそちらも読んでみて下さいね!私が通っていた専門学校のURLも載せておきますので参考までにどうぞ!!

大原法律公務員専門学校のホームページはこちらから!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です