【ジョニー・イングリッシュ】世界の変なおっさんが帰ってきた!?

2003年に大ヒットしたコメディ・スパイアクション映画【ジョニー・イングリッシュ】シリーズの最新作、

ジョニー・イングリッシュ【アナログの逆襲】

2018年11月9日(花金)に公開になります・・フフッ(笑)

すみません・・・画像選びでいろいろ見ていたのですが、変顔が多すぎましてついつい(笑)

今回は新作ジョニー・イングリッシュ【アナログの逆襲の紹介と合わせて過去作と主演のローワン・アトキンソンの紹介をしていきたいと思います。

 

ジョニーイングリッシュ【アナログの逆襲】

まずは予告動画からご覧ください・・フフ(笑)

ストーリー

正直予告動画からでも見てみたい衝動に駆られるくらい、ローワン・アトキンソンの演技は面白いですよね!!

今作のストーリーはこのようになっております。

大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後の頼みの綱として、隠居状態だったジョニー・イングリッシュが呼び出される。早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと任務に就くジョニーだったが、限られたスキルしかなく、アナログ人間な彼にとって、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。

多くのスパイアクション映画「007」や「キングスマン」などの作品は強大な敵組織に挑み爽快でドキドキするようなアクションシーンとハイテクなスパイ道具が見どころですが、ジョニーイングリッシュは何かしでかすのではないかと言う意味でのドキドキ・ハラハラ敵に辿り着くまでの失敗やアクシデントが見どころとなっています。

今回はジョニーが七変化を見せるのだとか・・・

ローワン・アトキンソンの演技がとにかく面白く静かな映画館が笑いの渦に包まれるのではないでしょうか(笑)

ジョニーイングリッシュシリーズ紹介

ジョニーイングリッシュ

ある日、英国が誇る諜報機関のカリスマ・スパイ、エージェント1号が任務遂行中に命を落としてしまう。そして今度は彼の葬儀中、突然爆弾テロが起り、参加していた腕利きのエージェントたち全員が死亡する。このままでは肝心の諜報活動ができなくなってしまう。そこで、当局は唯一の生き残りである内勤の男ジョニー・イングリッシュに白羽の矢を立てる。元はといえば、彼のニセ情報が原因で、エージェント1号が死に、葬式の警備も彼の担当だったというのに。当のイングリッシュは憧れのスパイに任命されすっかり有頂天になっていた…。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョニー・イングリッシュ [ ローワン・アトキンソン ]
価格:1544円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)

 

楽天で購入

 

ジョニーイングリッシュ【気休めの報酬】

『Mr.ビーン』シリーズでおなじみの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンふんするドジなスパイの活躍を描く『ジョニー・イングリッシュ』シリーズ第2弾。監督は『理想の結婚』のオリヴァー・パーカー。共演には『X-ファイル』シリーズのジリアン・アンダーソン、『007/ダイ・アナザー・デイ』のロザムンド・パイクらがそろう。本家『007』シリーズを連想させるパロディーやアクション、ユニークな秘密兵器の数々など、前作よりもさらにスケールアップした笑いを楽しめる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 [ ローワン・アトキンソン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)

 

楽天で購入

 


9日の公開まで時間はまだまだあります。
やはり見どころはアクションではなく笑いに比重が・・・(笑)

気になった方でまだ前作を見ていない方は事前に笑いに耐えれる抗体を作っておいた方が良いかもしれません。

映画館で大爆笑して周りの人の迷惑になるかも??

主演 ローワン・アトキンソンのプロフィール

本名 ローワン・セバスチャン・アトキンソン(Rowan Sebastian Atkinson)

イギリスのコメディアン、俳優、脚本家で「コメディアンの中のコメディアン」を決める2005年の投票でもトップ50に入った。

代表作は『ブラックアダー』『シン・ブルー・ライン』『Mr.ビーン』

さすがは世界のコメディアンですね!

今作も笑いの渦に包んで世界を救っていただきたいと思います!

この顔にビーンときたら映画館へ!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です