【新型コロナウイルス】に有効な薬!?アビガン&イベルメクチンの効果や副作用を解説!

新型コロナウイルス感染症の特効薬として注目されている「アビガン」と「イベルメクチン」。

これら2つの薬の効果や副作用など、気になる情報をまとめてみました!

 

新型コロナウイルスの薬について

現在、全世界でコロナウイルスに有効な薬の開発が進められており、すでに完成しているという噂もあります。

しかし、薬を世に出すためには相当な数の臨床実験や安全性を確かめる試験が必要。

これらを複数年かけて行い、安全性が確認されれば国に申請を出し、承認をされなければならないのです。

そんな中、すでに国内での試験が進められているアビガンとコロナウイルスの新薬候補として研究が進められている「アビガン」「イベルメクチン」という2種類の薬が注目を集めています。

 

アビガンとは?

「アビガン」とは抗インフルエンザウイルス薬の商品名で日本ではすでにインフルエンザの治療薬として承認されています。

2014年3月より医療機関で使用されており、薬の成分名としては「ファビピラビル」と呼ばれています。

この薬はインフルエンザウイルスの遺伝子に関係するたんぱく質を阻害。これによってウイルスの増殖を抑える効果を発揮してくれます。

よって、インフルエンザウイルスとタンパク質の肩が類似しているコロナウイルスにも効くのではないかと考えられ、抗ウイルス薬として注目され始めています。

実際に臨床での試験ではウイルス感染後にすでに症状が出ている方の改善効果も出ており、今後は世界と協力しながら研究を進め、日本での使用拡大が期待されています。

副作用は?

アビガンには副作用として、退治に悪い影響を及ぼす「催奇形性」があると考えられており、妊婦だけでなく男性への使用にも懸念の声が上がっています。

また、インフルエンザの治療薬ではあるものの、これまではタミフルより先に使用されることはなかったため、今後の臨床実験と進み具合によって使用が許可されていくと思われます。

 

イベルメクチンとは?

アビガンと同じくコロナウイルスに効果があると期待されている「イベルメクチン」はマクロライド系の抗菌薬で、駆虫薬として用いられることの多い薬として知られています。

具体的には「疥癬」といった病気に用いられており、HIVやデングウイルスの抑制効果もあるとされています。

また、犬が感染しやすい「フィラリア」という病気の予防にも用いられています。

そして今回、コロナウイルスに効くのではないかということをオーストラリアのモナッシュ大学の研究チームが発表。現時点では人に対して応用として使われてはいないものの、アビガン同様、新薬として注目されています。

副作用は?

「イブプロフェン」の内服が新型コロナウイルスを悪化させる危険なものであるという情報が出回っています。

しかし、これは全くのデマで科学的な根拠は得られていません。

人にはあまり使われていないため、今後の臨床実験で本当の副作用が明らかになると思われます。

 

まとめ

今回は新型コロナウイルスに有効とされている「アビガン」と「イブプロフェン」についてまとめてみました。

現在は新たな抗ウイルス薬として「レムデシビル」が承認され、この効果に期待が集まっています。

気になった方はぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【新型コロナウイルス】レムデシビルってどんな薬?値段は?副作用はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です