28歳三段目【勝武士】新型コロナウイルスで死去!20代の死亡は国内初

大相撲・高田川部屋の三段目力士、勝武士(しょうぶし、本名末武清孝=すえたけ・きよたか)さんが、2020年5月13日午前0時半に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため都内の病院で死去しました。

28歳という早すぎる死に対し、各界や世間から悲しみの声が殺到。

この記事では勝武士さんについてや、死去する前の症状などをまとめてみました。

 

勝武士、救急搬送翌日に気管切開処置

相撲協会によると、勝武士さんは春場所後の先月4日に38度台の発熱。

その時、師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所や複数の医療機関に問い合わせますが、受け入れ先はなかなか見つからなかったといいます。

その4日後の8日には血痰(けったん)の症状も見られたことから、救急搬送され、都内の大学病院に入院。

この時、感染の有無を調べる簡易的な検査を受けますが結果は陰性でした。

しかし、症状が重篤化していたために翌9日から、さらに専門的な別の大学病院に転院。

ここで気管切開などの処置が取られ、同日にPCR検査を受け、10日に角界初の陽性が判明しています。

そしてもともと糖尿病の持病があった勝武士さんは19日からICU集中治療室に入りますが、13日に帰らぬ人になりました。

 

勝武士ってどんな人?

勝武士幹士(しょうぶし・かんじ)さんは本名を末武(すえたけ)清孝さんといい、1991年(平3)11月4日に山梨・甲府市で誕生しています。

中学校では柔道部に所属し、中学卒業後に高田川部屋に入門。2007年に春場所で初土俵を踏み、活躍していました。

最高位は2017年九州場所の東三段目11枚目で、通算79場所で260勝279敗。

身長165センチで体重107キロとずっしりとした体型で突きと押しを得意としていました。

そんな勝武士さんは明るい人柄と性格で巡業や花相撲ではかなりの人気者だったそう。

相撲の所作や禁じ手などを力士2人が面白おかしく実演する「しょっきり」を担当することが多く、ファンを楽しませていました。

 

勝武士には持病があった!

そんな勝武士さんは糖尿病という持病と付き合いながらの力士人生を送っています。そのため、2016年には取組直前に土俵下の控えで全身が赤らんで手が震え、異例の不戦敗を経験。

原因は糖尿病による「低血糖障がい」だったと発表されています。

この持病が今回の死因に関係しているのかは定かではありませんが、何らかの作用はもたらしたのではないかと推測されています。

 

世間の声は?

あまりにも早すぎる若者の死に、世間からは多くの悲しみの声が寄せられています。

また、中学時代の柔道部の恩師・佐々木秀人さんは「ワシより早くいっちゃダメだよ」とコメント。当時の勝武士さんについて「何事にも一生懸命。体が小さいぶん、人の倍は稽古をしていた」と思い出を振り返っています。

 

まとめ

新型コロナ感染での死者は角界初だった、今回の死亡例。

また、国内で20代の死亡は年齢が明らかになっている中では初とみられていることも世間にさらに衝撃を与えています。

これ以上、悲しい出来事が起きぬよう一人一人が自覚ある行動をとって、コロナウイルスを封じ込みたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です