【有村藍里】が整形を告白!その理由と手術内容を激白

今度の「火曜サプライズ」にVTR出演する女優の有村架純さん。

その姉でタレントの有村藍里さんが自身のブログで美容整形を受けたことを告白しました。

同日放送の『ザ・ノンフィクション』では、実際に整形手術を受けている様子が放送。

なぜ彼女は整形することを決意したのか?

手術の内容や現在の彼女の様子とともにまとめてみました。

 

有村藍里の簡単なプロフィール

本名:有村 藍里(ありむら あいり)
旧芸名:新井 ゆうこ
生年月日:1990年8月18日(26歳)
出身地:東京都

 

16歳の時に大阪のモデルカフェで、撮影会や広告のモデルをしていた有村さん。

22歳の時に初のDVD作品『Green Canvas』をリリースすると、

2014年のオーディション『TSUTAYAプリンセス2014』でグランプリを受賞しました。

その当時は『新井ゆうこ』という芸名で活動しており、

実の妹の有村架純さんとの姉妹関係は世間に明かしていませんでした。

その理由は「それぞれが、それぞれのフィールドで頑張ればいい」

という彼女なりの考えからだったそうです。

 

しかし、架純さんとの姉妹関係を突然スポーツ紙に暴露され一気に注目を浴びるように!

それがきっかけとなり2017年3月には本名の“有村藍里”に改名し活動しています。

その後も『有村架純の姉』ということで多くのメディアに取り上げられ、

バラエティ番組などを中心に活躍しています。

 

 

有村藍里が美容整形を告白

そんな有村藍里さんが自身のブログで美容整形手術を受けたことを告白しました。

一般に世間から偏見を持たれることが多い「美容整形」ですが、

芸能人である有村さんが手術に踏み切ることを決意したきっかけはなんだったのでしょうか?

 

美容整形を決意したきっかけは?

有村さんは今から3年ほど前に辛い経験をしています。

それは「有村架純の姉」ということが新聞の記事で明らかになった時のこと。

ネットで掲載された自身の写真に「口元が残念」という誹謗中傷が彼女を襲ったのです!

 

 

この時から自分の顔をやたらと気にするようになったと説明。

その後も誹謗中傷は続き、徐々に自分に自信が持てなくなった有村さんは、

人とお話しするのにも、私の顔は気持ち悪くないか、

変じゃないかを常に意識するようになった

という当時の心境を涙を浮かべながら明かしていました。

 

その後も顔について思い悩む毎日が続いたと話す彼女。

わたしはどうなるの?大丈夫?これから先、どう生きていけばいいの?

と自問自答し、外出するのも億劫に…。

人前やカメラの前でもあまり笑えなくなったと言います。

そこで前々から考えていた美容整形手術を受けようと決意!

新たな自分へと一歩踏み出し、

今、可愛くなりたい。

もう何も気にせず思いっきり笑えるようになりたい。

この胸に残るわだかまりを消したい。

という強い想いで手術を決意したそうです。

 

 

美容整形手術内容は?

手術前の医師とのカウンセリングでは、

「あなたは合併症とかのリスクを取らなくてはならない。

その上で納得して治療を受けられるのか?」と確認された有村さん。

それでも強い意志で「輪郭矯正」という手術に挑んでいます。

この「輪郭矯正」とは自分の骨から輪郭を整える美容整形のこと。

主に口元の突出感や笑うと歯茎が露出してしまう「ガミースマイル」、

そして普段から口が閉じにくい人に対して行う整形手術方法です。

手術後の現在は?

手術後、有村さんは自身のブログで、

色々な意見があると思います。それも全てありがたいです。

コンプレックスな部分を少し変えました。私は胸を張って、手術してよかったと思います。

美容整形については、肯定も否定もするつもりはありません。

決めるのは自分だと思っています

とその胸の内を明かしています。

そして番組終盤には、手術から3ヶ月後の顔も披露。

有村さんは医師に対して「見慣れない。まだ誰?って思う」と話しながら、

口元がおさまって口紅を塗るのが楽しくなったし、

髪型とかメイクとかもっといろんなことに挑戦できるなと思うと、

これからもずっと楽しみです

と、嬉し涙を流しながらその心情を語っていました。

またファンに向けても

どんな自分の姿も素直に受け入れていけるようになりたいです。

まだまだ不器用ですが、たくさん笑いたいです

と今後への思いつづった有村さん。

今回の美容整形によって長年のコンプレックスから解放されたようですね。

そんな彼女の笑顔はいつにも増してキラキラと輝いていたように思えました。

 

有村藍里さんは美容整形を受けるべきか否か、悩み、不安と戦ってきたのでしょう。

手術を決断した後も不安に襲われたという彼女。

ダウンタイム(手術を行ってから回復するまでの期間)の間も、

「ちゃんと前に進めるのか」「手術してよかったのか」ということばかり考えていたといいます。

そんな苦しかった時期を乗り越えた彼女の笑顔は、

以前とは別人のように自信に満ち溢れたものに変化していました。

今後は舞台の主演も決まり、もう一度芸能界での活動に専念されるようです。

これからも生まれ変わった“有村藍里”を応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です