【浅田真央】父親が逮捕!?その真相とは?

日本を代表するフィギュアスケーターとして活躍していた浅田真央さん。

今度の「嵐にしやがれ」に出演し、その年表や裏話を総振替するそうです!

そんな浅田さんの父親がDV容疑で逮捕されたことが大きな話題になっています。

また、亡くなられた母親・匡子さんや確執が噂されていた姉・舞さんについてもまとめています。

 

浅田真央の簡単なプロフィール

  • 名前:浅田真央(あさだまお)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 生年月日:1990年9月25日
  • 身長:163cm
  • 体重:47kg
  • 血液型:B型
  • 所属クラブ:中京大学
  • 家族:父・浅田敏治、母・浅田匡子、姉・浅田舞

 

浅田さんは小学6年生で特例で全日本選手権に出場。

そこで3回転のコンビネーションジャンプを披露し「天才少女」と呼ばれるようになりました。

2004ー2005シーズンにはジュニアグランプリで出場した3戦すべてで優勝しデビュー。

その後、女子ジュニア初となるトリプルアクセルに成功させ、

翌シーズンには女子シングル初となる2度のトリプルアクセルにも成功しています。

バンクーバー五輪では、惜しくもキム・ヨナ選手に敗れてしまいましたが銀メダルを獲得。

 

またオリコン調査「好きなスポーツ選手ランキング」女性部門において、

6度に渡って年間1位を獲得するなど、日本国民から愛されるアスリートに成長しました。

 

浅田真央の母親の死

2011-2012年シーズンはカナダでのGPファイナル開幕直前を控えていた真央さん。

そんな時、以前から体調不良だった母親・匡子さんの健康状態が悪化したと連絡を受けます。

真央さんはそのGPファイナルを欠場し、日本に緊急帰国。

その後、母親は肝硬変のため2011年12月9日に48歳という若さで死去しています。

その際、真央さんは母親の死に間に合いませんでした。

そして母親の葬儀翌日の12月13日から練習を再開。

短期間の調整で臨んだ全日本選手権では、2年ぶり5度目の優勝を果たしています。

この一連の優勝までのエピソードは天国の母親への恩返しと大きな話題になりました。

 

浅田真央の父親が逮捕!?

そんな浅田さんの父親・敏治さんが2015年7月30日に逮捕されたと報道されています。

なんでも妻の死後、交際していた50代女性に暴力を振るったとのこと。

その被害を受けた女性の証言によると、

彼は立ち上がり、振りかぶった平手を私の頭上に思いきり叩きつけたんです。

痛くて、私が“何すんのよ!”と言うと、“うるせんだよ!”と、

今度は私の脇腹からお腹のあたりを2、3回突き蹴りしてきました

 

(その後も)

私は首をつかまれて突き飛ばされ、

よろけたところを髪を引っ張られて頭を振り回され、顔や頭や腹を足で何度も蹴られ、

再び髪を持って引きずり回された後、ソファの横に叩きつけられ、上から蹴られました

このようなDV被害を受け、身の危険を感じた女性が警察に通報。

その女性は病院に緊急搬送され、その直後に敏治さんは逮捕されています。

 

その後・現在は?

当初は容疑を否認していた父・敏治さん。

その後、一連の罪を認め30万円の罰金が確定しました。

そんな敏治さんが逮捕された日は、真央さんが現役続行を表明した5日後のこと!

そのことが関係しているのか、この事件に関してはあまり公になっていませんでした。

もちろん父親と真央さんの活躍は全く関係ありませんし、彼女に責任がないことは当然です。

しかしDV容疑で逮捕された事実が真央さんの現役復帰に影を落としたことは確実。

父親に迷惑をかけられた形となった真央さんを心配する声が多く聞かれていたようです。

 

姉・浅田舞との確執って?

浅田真央さんには2歳年上の姉・浅田舞さんがいます。

2000年代に活動していた元フィギュアスケート選手で、

現役引退後はスポーツキャスター、タレントとして活躍しています。

 

浅田舞の簡単なプロフィール

名前:浅田舞(あさだまい)
生年月日:1988年7月17日
出生地:愛知県名古屋市名東区
身長:163 cm

 

二人は同じスケーターとして活動。

真央さんは5歳、姉の舞さんは7歳からスケートを始めたそうです。

最初は、舞さんの方が年齢が上ということもあり、真央さんよりも上手だったとか!

負けず嫌いの真央さんは、それが悔しくて仕方がなかったようです。

ところが、2004年の全日本ジュニア選手権で真央さんが1位、舞さんが2位に!

 

この時、初めて妹に1位を取られた舞さんはかなりのショックを受けたと言います。

この後、真央さんはトップスケーターへの階段をどんどん昇って行くことに。

この頃から、舞さんの中に妹・真央さんへの嫉妬自分自身への葛藤が芽生えていきます…。

 

不仲の原因は母親の一言!?

そのライバル意識は私生活にも影響し、ことあるごとにケンカしていたという二人。

最初の頃は髪の引っ張り合いなど、つかみ合いもよくしていたといいます。

その後は家でもお互いにほとんどしゃべらなくなっていったとか。

そんな中、母親の匡子さんは姉妹を比べるように。

 

ある日、舞さんはフィギュアを辞めたいと思い、母親に告げます。

しかし、そこで母親からビンタをされ、優しかった父親も厳しくなったそう。

さらに母親は舞さんに「真央に迷惑をかけないで」と発言!

この日を境に舞さんはその憎しみを次第に妹に向けるようになったそうです。

それからは妹との会話も一切する事がなくなり関係はどんどん悪くなっていきました。

そして舞さんが20歳の頃は、真央さんへの嫉妬がピークに達し、

生活も荒れ、髪を金髪に染め、ストレス発散のため毎晩クラブに通っていたそうです。

その後は家出し、夜はマンガ喫茶に泊まるという生活を送っていたと言います。

 

今は仲良し?

そんな2人の関係は現在は良好になり、すっかり修復されています。

 

その理由には母・匡子さんの突然すぎる死が大きく関わっているそうです。

その事について姉の舞さんは、

母の死がきっかけで、ばらばらになっていた家族が集まる機会が少しづつ増えました

と語っています。

 

そして亡くなった母親の代わりに真央さんに付き添うようになったという舞さん。

ソチ五輪の時には2人きりで3週間という大会期間を過ごしたそうです。

それからは、回りからも「真央ちゃんのお姉さん」と呼ばれるように!

そのうち、姉妹で比べられることがどうでもよくなっていったそうです。

そして幼いころからの確執をようやく解消した浅田真央さんと舞さん。

今では一緒に旅行に行くなどいつも一緒なのだとか!

また番組や雑誌で共演するなどし、姉妹仲の良さを披露しています。

 

 

今回は浅田真央さんのご家族についてまとめてみました。

父親のDV逮捕事件はかなり衝撃的でしたね。

当時の浅田さんの競技生活に影を落としてしまっていたことは確かですが、

周囲があまり大ごとにせず、あまり触れていなかったことがせめてもの救いです…。

また、姉の舞さんとの確執もかなりの長きに続いていたことだったようです。

しかし、母親の死後は姉妹協力し、様々な困難を乗り越えたようです。

これからも二人には活躍し、幸せな生活を送っていってほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です