【ゴールデンボンバー】令和最速で赤ちゃんが泣き止む?

4月1日に新元号が発表され、次の元号は『令和』になりましたね!

『女々しくて』で大ヒットしたゴールデンボンバーはその発表の裏で新元号ソングを作成していました。

日本最速リリースと思いきや、その陰にはDJ集団“レペゼン地球”の影が…。

新元号ソングリリースまでの裏側と、新たに判明した

“ゴールデンボンバー「令和」を赤ちゃんが聞くと泣き止む!”

といううわさについてまとめました!

ゴールデンボンバーとは

  • 鬼龍院翔さん
  • 喜矢武豊さん
  • 歌広場淳さん
  • 樽美酒研二さん

の4人からなるヴィジュアル系“エアーバンド”です!

唯一無二のエンターテイメントを提供するグループとして人気を博しており、

2012年には『女々しくて』空前の大ヒット

ライブでは、ヴィジュアル系バンドらしからぬ“お笑い感”チケットも即売です。

エアーバンドとして活動を開始した背景には、

結成当初は楽器を演奏していたが、喜矢武豊の演奏があまりに下手だったという事と、耳だけでなく「目」でも楽しめる音楽を追求した結果、
パフォーマンスを取り入れた現在のエアーバンドという形となった。

と公表されています!

新元号ソング「令和」をリリース

4月1日に新年号が発表されました!

その発表の裏側でゴールデンボンバーは超スピードで楽曲作成を進めていた様です。

その様子はLINE LIVE生配信されており、

発表後すぐにレコーディングミュージックビデオを撮影しました。

そのスピードについて、話題になっています!

なんと発表から約1時間

発表後、すぐにレコーディングミュージックビデオの撮影を行ったゴールデンボンバー。

なんと発表からわずか“約1時間”YouTubeにミュージックビデオをアップロードしました!

ファンからは、『早すぎっ!』『奇跡的スピード!』と衝撃の声が上がりました。

何でも、既に楽曲と映像はほぼ制作完了していたそうで、

新元号の部分だけ、穴埋めのような形で完成させたそうです。

それにしても、1時間でのリリースはスゴイですね!

日本最速かと思いましたが、実は更なるツワモノが…。

 

最速リリースの裏に“レペゼン地球”の影

日本最速リリースかと話題になりましたが、その裏には“レペゼン地球”が潜んでいました。

同様に彼らも新元号ソング最速リリースを計画していた模様…。

レペゼン地球とは?

そしてその新元号ソング、衝撃のリリースタイムをまとめていきます!

レペゼン地球とは

レペゼン地球とは、YouTubeにも動画投稿をしている福岡出身のDJ集団です。

  • DJ社長
  • DJふぉい
  • DJ銀太
  • DJまる
  • MG脇

の5名で活動しているグループで、2018年の幕張メッセライブでは1万5千人を集めました。

YouTubeに、ドッキリなどのエンタメ動画も投稿していますが、

リーダーであるDJ社長いわく“YouTuberではなくDJ集団である。”という理由から、

100万回再生を記録している動画にも一切広告を付けず、収益化していません。

何と16分で新元号ソングリリース

そんなレペゼン地球も、ゴールデンボンバーと同じく“令和”ソングをリリースしましたが、

発表からリリースまでの時間は、なんと

“16分”

その衝撃のスピードに、鬼龍院翔さんはブログにて“早すぎるわ!”とコメントしていました♪

また“レペゼン地球のファン”であることも公表されていました。

日本最速アップロードができなかったことに悔いはあるようですが、

16分でリリースされたら敵いませんよね。笑

因みにレペゼン地球さんは、『令和』の部分のみ音声を入れて、

その他の楽曲や映像は完成した状態だったようですね♪

 

ゴールデンボンバー『令和』は赤ちゃんが泣き止む?


そんな背景でリリースされた新楽曲ですが、

“赤ちゃんが泣き止む”

と話題になっています!

Twitterでは、令和を流して泣き止む赤ちゃんの姿が多数!

一説によると、

  • 音がランダムで飽きない
  • 音楽の途中でリズムが変わる
  • 本能的に振り向く音が多い

こういった点が赤ちゃんを落ち着かせるポイントになっているそうです。

本当にピタッと泣き止んでいますよね♪

夜泣きに悩んでいるお母さんやお父さんは試してみてはいかがでしょうか♪

 

今回の新元号発表の裏側では、最速リリースを狙った駆け引きがあったようですね。

しかし、ゴールデンボンバーレペゼン地球も仕事が早い!

敗れてしまったものの1時間で新楽曲をリリースするのは、異常なスピードです♪

“赤ちゃんが泣き止む”という点も含めて、話題性に欠けないグループですね!

令和でも活躍を期待していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です