Youtuber【カジサック】であのインパルス堤下が復活!

2017年末に、交通事故を2度起こし、無期限の謹慎処分を受けていた、インパルスの堤下敦さんが、カジサックことキングコングの梶原雄太さんの2018年10月24日のYoutube動画で1年ぶりに復帰を果たしました。

大きく話題となった今回の堤下さんの復活。

その実力は流石。の一言でした。

今回の記事では堤下さんがなぜ謹慎処分になったのか、そしてこれからの活動について簡単にまとめました。

意外に元気そうだった堤下さん

無期限の謹慎処分となっていた堤下さん。

さすがにメンタルやられているのかと思いきや、元気そうで何よりな姿をみせてくれました。

動画での堤下さんの様子は、

動画前半

堤下さんから、事故の被害者の方や、ファンの方に対する謝罪をされ深々と頭を下げられました。

その後、今後どのように芸能生活を送りたいかといった話をされました。

動画後半

カジサックさんの愛のあるボケの数々に、謹慎前と変わらない切れの良い突っ込みを見せるなど、和気あいあいとした雰囲気でした。

なぜ無期限の謹慎処分となった?

それは1年に2回も起こしてしまった事故によるものです。

一度目の事故

2017年6月に睡眠導入剤などを服用して意識がもうろうとした状態で車を運転。

東京都狛江市東和泉の路上で、電柱に衝突する自損事故により、道路交通法違反の疑いで書類送検され、

罰金30万円の略式命令を受けました。

二度目の事故

2017年10月にも横浜市内で乗用車を運転し、赤信号で停止していたゴミ収集車に衝突

男性作業員2人に軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検され、

その後不起訴処分となり、所属事務所である吉本興業は、2017年10月28日に無期限の謹慎処分を発表しました。

謹慎期間中、何をしていた?

謹慎期間中を思い出して、堤下さんは動画でこのようなことを言っています。

何をしていても、自分を責めてしまうので、ほとんど何もしていなかった

最初の頃は、誰の電話も出なかった。ガレッジセールのゴリさんも怒ってくれて、バッドボーイズの佐田さんや、麒麟の田村さん、アジアンの馬場園さんも連絡をくれた。いろいろな先輩に連絡を頂くんですけど、なんて話して良いかわからなかった

謹慎期間中、最初の方はテレビをつけられなかった。

一日がとても長く感じた。自分はテレビに出る側の人間だったのに、っていうのも自分を責めてしまって。

街を歩いていても、誰も声をかけてくれない。

(金銭面のことは)今までの蓄えを切り崩して何とか生活していた。

相方の板倉さんに有難かった。僕のことを忘れられない様に、笑いにしてくれて。

何もすることがないときは、公園でブランコとか乗ってたしゃべる相手ぬいぐるみとかだったからね。

自分なんかいなくなっちゃえとも思った。いや、絶対良くないんだけどね。

謹慎期間中の約1年間、堤下さんは時に、自分を追い詰め、時に相方や先輩方の優しさに感謝しながら、反省し続けていたようです。

鬱に近い状態かもしれません。

謹慎中に離婚していた?

堤下さんは、元奥さんと2011年に結婚。

2017年10月に、堤下さんが2度目の事故を起こしてからは別居していたようです。

事故後は2人で一からやり直すつもりだったそうですが、手くいかず、元奥さんの方が我慢できなくなってしまったようです。

結局、お2人は2018年の春頃には離婚をして、1人娘の長女の親権は元奥さんが持ち、堤下さんは東京都内で独り暮らしをしているそうです。

今後の芸能活動は?

今後、堤下さんは、地元、神奈川県で吉本興業の地域活性化プロジェクト「あなたの街に住みます芸人として活動することが決まっています。

堤下さんは、「ゼロから1人でやり直して周りの方から認めて頂く存在になるために努力していく」とコメントしています。

それと同時に、相方の板倉俊之さんと共に、インパルスとしても活動していく予定だそうです。

 

今回の動画出演で、堤下さんが十分に反省をし、沢山の芸人の先輩たちが堤下さんに叱咤激励をした末に、お笑い芸人として頑張ろうという決意が出来たということがわかりました。

カジサックこと梶原さんがおっしゃる通り、堤下さんのキレのある突っ込みは、1年間のブランクがあっても十分通用することも分かりました。

これから堤下さんはきっと、これまで以上にご活躍していけますね!

より沢山の笑いを届けてくれることを祈っています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です