元少年院!?アイドル【戦慄かなの】の正体とは?

少年院あがりのアイドル、戦慄かなのさんが「アウト×デラックス」や「サンデージャポン」に出演し、話題になっています。

「サンデージャポン」に出演した際には、共演者のみちょぱさんと一触即発バトルに!?

謎だらけのアイドル、戦慄かなのさんについて調べてみました。

戦慄かなの簡単なプロフィール

  • 芸名:戦慄 かなの(せんりつ かなの)
  • 本名:不明
  • 生年月日:1998年9月8日(20歳)
  • 出身地:大阪府
  • 身長:154㎝
  • スリーサイズ:79-60-83
  • 活動期間:2017年ー

 

幼少期に母から受けたネグレクトと、学校で受けたいじめを原因に、中学2年生で自殺を図る

犯罪を犯したため、高校生時代に少年院に送致され、1年8か月過ごした。

2017年2月、アイドルグループ・のーぷらん。としてデビューするが、大学受験のため2017年5月には卒業。

2018年、「ミスiD2018」に応募し「サバイバル賞」を受賞。

  • 同年4月に都内某大学の法学部に入学。
  • 同年9月、大森靖子と共に、「ZOC」のメンバーとして活動開始。
  • 同年10月、妹の頓知気さきなと共に、セルフプロデュースアイドル「femme  fatale」として活動開始。

 

ミスiDとは?

新しい時代にふさわしい価値観やスタイルを持った女の子を発掘し、育て従来の芸能的枠組みに縛られず

その人にあったスタイルで世に出そうという趣旨で、講談社が2012年から開催しているオーディション

これまでの受賞者は

  • 玉城ティナ
  • 稲村亜美

など。

犯した罪とは?

高校生の時に、犯罪をしたため、少年院送りになった戦慄さん。

一体どのような罪を犯したのでしょうか?

調べたところ、

100円で大量購入したパンツを出会い系サイトで見つけた男性に対して雇った女子高生に売らせるブラックビジネス

を行ったそうです。

これはかなり黒いですね…

本来であれば10か月ほどで少年院を出所することができたのですが、指導教官への態度が悪かったことから1年8か月も出所できず「長老」と呼ばれたそうです。

買う方も買う方ですが、売る方も…。

 

入所中に猛勉強!?

長い少年院での期間中、猛勉強して様々な資格を取得したそうです。

  • 秘書検定
  • 危険物取扱者資格
  • ワープロ検定
  • エクセル検定
  • そろばん検定一級
  • 漢検準一級
  • 高卒認定試験(大検)

勉強なんてこれまでしてこなかった彼女。

本気を出せば、ここまでできるものなんですね…。

そして、更生し、少年院を出た後に戦慄さんはある行動に出るのです…。

法学部に入学してNPOを設立

少年院から出所した戦慄さんは、都内某大学の法学部に入学しました。

そして、戦慄さん自身が母親からネグレクトを受けた経験を活かし、育児放棄や児童虐待防止のためのWebサイト「bae-ベイ」を設立します。

戦慄さんが「bae-ベイ」を設立したのは、以下の様な目標を持ったからでした。

  • 児童虐待や育児放棄について正しい知識をみんなが持つこと
  • 子供が気軽に相談できる場所を増やすこと
  • 虐待が発生している家庭からの独立
  • 育った環境でハンデを背負った人への支援

この目標を実現するために、戦慄さんは現在、「bae-ベイ」でNPO法人を設立するためのクラウドファンディングを実施しています。

 

戦慄さんの活動に対する注目度は高く、目標金額85万円に対し、既に185万円もの金額が集まっています。

どや顔がちょっと、イラっとしますがやっていることは正義ですよねぇ…。

 

アイドルになった理由が有り得ない!?

大学に入学し、NPO法人の設立まで企画している戦慄さん。

少年院から出所したばかりの人としては、かなり立派な生活をしている様に思えるのですが、戦慄さんはそれだけでは満足せず、経済的に自立するために、アイドルを目指しました。

これといった目標もなくアイドルを目指す若者が多い中、とてもしっかりしていますね。

そんな彼女を音楽界の大物も放っておくはずがありません。

2017年にデビューして間もなく、歌手の大森靖子さんと共に、音楽グループ「ZOC」としての活動を始めるのです。

「ZOC」とは?

「ZOC」とは、”Zone of Control”の略です。

ウォー・シミュレーションゲームなどで用いられるゲーム用語で、ゲームにおける「支配領域」の概念のことです。

そこに、大森さんのテーマでもある「孤独を孤立させない」という”Zone Out of Control”という概念を重ねていんだそう。

大森さん曰く、「孤立しない崇高な孤独が共生する場所」として「ZOC」を結成したそうです。

メンバーは「ミスiD」出身者5名と「共犯者」という設定で大森さんを加えたメンバーになっています。

 

ここまでの戦慄さんの歩みを見ても、とても少年院から出所したばかりの人とは思えない程、立派ですね。

やっぱり戦慄かなのは怖い人?!

完全に更生した戦慄さんでしたが、やはりどこか怖い一面もある様です。

2018年11月17日放送の「サンデージャポン」で、共演者のみちょぱさんと一触即発の場面がありました。

MCの爆笑問題・太田さんが戦慄さんの経歴をいじり、更に共演者のみちょぱさんにも、「少年院って聞いてみちょぱが完全に戦闘態勢に」と声をかけ、いじりだしたのです。

みちょぱさんは以前、「サンデージャポン」の中で「元カレが少年院に入った」とネタにしていたからです。

戦慄さん:「彼氏、本当に入ってたの?」

みちょぱさん:「入っていました。怖い、この絡みが怖い」

戦慄さん:「楽屋でやりあいますか?1回」

戦慄さんは更生していると思うのですが、やはり世間はそうは思わないのですね。

というより、みちょぱさんは先輩なのだから

まず敬語を使えよ…

 

様々な経験をした上で、社会に貢献しようとする戦慄さんは立派ですが、簡単にはいかないのが芸能界。

ネクストブレイク必須とまで言われている彼女。

目が離せないですね。

たった1か月で2回も出演するほどですから、きっとこれから戦慄さんは活躍すると期待されているのですね。

先輩に対する態度をもう少し改めて、頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です