【狂言師・善竹富太郎】コロナウイルスで死去!原因となった敗血症とは?最期のツイートが話題

大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちく・とみたろう、本名茂山富太郎=しげやま・とみたろう)さんが、2020年4月30日午後7時54分に東京都渋谷区の病院で新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため死亡しました。

この記事では善竹さんのプロフィールや死亡原因となった敗血症についてまとめています。

 

狂言師・善竹富太郎、新型コロナウイルスにより40歳で死去

大蔵流狂言師の善竹富太郎さんは新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため、40歳で死去しました。

今後、葬儀は近親者で行うと発表があり、喪主は父の狂言師善竹十郎(ぜんちく・じゅうろう、本名茂山十郎=しげやま・じゅうろう)さんが務め、後日、お別れの会を開く予定とのことです。

 

善竹富太郎のプロフィール

氏名   善竹 富太郎(ぜんちく とみたろう)
本名   茂山 富太郎(しげやま とみたろう)
生年月日 1979年8月10日
没年月日 2020年4月30日(40歳没)
学歴   学習院大学・文学部心理学科卒

 

3歳の頃から狂言を始めた善竹富太郎さんの曽祖父は狂言師として初の人間国宝に輝いた善竹彌五郎さんです。

そんな華麗なる一族の元に生まれた富太郎さんは、オペラとコラボするなど狂言の新たな可能性の普及に尽力を尽くしていました。

 

敗血症とは?

今回、善竹富太郎さんの死因となった新型コロナウイルスに伴う「敗血症」とはどんな病気だったのでしょうか。

調べてみると生命を脅かす感染に対する生体反応と言われており、組織障害や臓器障害をきたすため、集中治療室(ICU)での全身管理および治療が必要になります。

この時、ショックや著しい臓器障害をきたす場合は死に至る可能性が高くなります。

さらに敗血症は、何か一つの症状や兆候が出るというようなことはなく、発症とともに様々な症状が組み合わさって出現。

悪寒や震え、発熱といった基本的な症状や身体の疼痛、不快感、意識低下(混乱や見当識障害)、息切れ、頻呼吸、頻脈が挙げられます。

そもそも敗血症というのは感染症の結果として起こることなので、嘔吐下痢や咽頭痛などの普段よくみる感染症症状を伴うかもしれませんし、その症状は様々だと言います。

 

善竹富太郎、死去寸前までツイッターを投稿

善竹さんは2020年3月29日に亡くなったタレントの志村けんさんを悼み、自身のツイッターに「けんさん、悲しすぎる!」などと投稿していました。

そして、2020年4月7日には新型コロナウイルスで療養していた「アパホテル」からツイート。

自身の宿泊治療に携わってくれた従業員に感謝を伝えていました。

 

ネットの声は?

善竹さん死去の報道を受け、ネット上には「若すぎる」「明日は我が身」とコロナウイルスの脅威に恐れおののく声が殺到。

「同年代があっさり死ぬとやっぱり怖いな」と善竹さんの早すぎる死を悼んでいます。

 

まとめ

善竹富太郎さんのコロナ死は40代だったこともあり、国内に大きな衝撃をもたらしました。

感染しないために十二分に気をつけていても、いつの間にかかかってしまっているかもしれません。

一人でも患者を減らすために、皆が責任ある行動を取っていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です