【米津玄師】紅白を断った!?その真相と理由とは

11月14日に紅白歌合戦の出演アーティストが発表されましたね!!

しかし紅白出演が期待されていたアーティスト「米津玄師」の名前はありませんでした。

 

この発表に多くの人が落胆したのではないでしょうか・・・

この紅白に出演しなかったのには米津玄師さんなりの理由があるようです。

今回はその理由に迫って行きたいと思います。

 

米津玄師の簡単なプロフィール

アーティスト名:米津玄師(よねづ けんし)
本名同じ
生年月日:1991年3月10日(27歳)
出身地:徳島県徳島市
身長:188㎝
血液型:O型
メジャーソロデビュー年:2013年
所属レーベル:ソニー・ミュージックレコーズ

2017年2月15日、6thシングル『orion』をリリースした。表題曲はNHKTVアニメ『3月のライオン』の第2クールエンディングテーマに起用された。読売テレビ系アニメ「僕のヒーローアカデミア」第2期第1クールのオープニングテーマに「ピースサイン」を提供し、4月29日にTVサイズ版の配信を開始した。6月21日に同曲を表題曲とした7thシングル『ピースサイン』をリリースした。表題曲のミュージックビデオは2018年9月1日、YouTube上での「ピースサイン」の再生回数が1億回を突破した。8月16日、自身が作詞・作曲・楽曲プロデュース・ボーカルとして参加したDAOKOの3rdシングル『打上花火』がリリースされ、18日から公開した劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に同曲が使用された。楽曲は1年を通してヒットチャートへの上位ランクインを続けた。また、2018年1月18日、同曲のYouTube上での再生回数が1億回を突破した。米津が手がけた楽曲のビデオが1億回再生を記録したのは今回が初であった。

2018年3月14日、8thシングル『Lemon』がリリースされた。表題曲は1月12日、TBS系列ドラマ「アンナチュラル」の初回放送にて解禁された後、2月12日から先行配信が開始され、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで通算13週の1位獲得を果たした。フィジカルは初週に10万枚を超えるヒットを記録し、ヒットチャートでは初登場2位を記録した。ミュージックビデオは、6月12日にYouTube上での再生回数が1億回を突破した(2018年10月現在は、1億8千万再生)。米津の手がけた曲が1億回再生を記録したのは今回で3度目である。これにより日本人の作詞・作曲者による1億回再生達成回数が秋元康(作詞)を抜いて単独でトップとなった。

 

紅白の「目玉不足」の打開策が「米津玄師」

現在放送中の朝ドラ『まんぷく』で主題歌を担当するDREAMS COME TRUEの特別枠出演はほぼ確定となっていますが、「確定」と「暫定」を合わせても、去年の安室奈美恵ほど話題性に富む企画は現在は出てきてはいません。

そこで、期待されるのが、米津玄師の出演です。

今年3月にリリースされた「Lemon」は、シングルCD出荷が41万枚、デジタルダウンロードの170万ダウンロードと合わせると、合計で211万枚。ダブルミリオンのセールスを記録していて、今年1番のヒット曲となっています。

米津玄師はこれまで地上波のテレビで生のパフォーマンスをしたことがなく(トークのみであれば出演したことはある)、もしも『紅白』で歌唱披露があれば、かなりレアな機会ということになります。

昨年8月にリリースされたコラボシングル「打上花火」で米津玄師と共に楽曲を手がけたラッパー・シンガーソングライターのDAOKOが紅組で初出場することから、より一層、特別枠での出場を期待する声が高まっていました。

今年一番のヒット作を手がけたアーティストにNHKがオファーをかけていないはずがなく、現段階で白組のラインナップに入っていないということは、出演を断られたと解釈するのが自然だと言えるでしょう。

 

米津玄師はメディア嫌い!?

実は米津玄師はメディア嫌いのアーティストとして有名なんです。つい先日も、「東京ドラマアワード2018」表彰式で主題歌賞を受賞した際、所属事務所が報道陣に対し「その場で撮影した米津の写真や映像は一切使用してはならない」と応じたことから、メディア側の怒りを買ったと報じられたばかりでした。

しかし完全にメディアを拒絶しているというわけではないようです。

2015年にはツイッターのリプライで送られてきた

テレビに出ないのは、何か理由があるのですか?

とのファンの質問に対し、

テレビ側が呼んでくれたら、あと自分が必要だと感じたら出るよ。出ないと決めてるわけじゃない

と答えている。

 

今回の紅白のオファーを断った理由は

 

米津玄師はアーティストとして、その日限りの時間を大切にすることにこだわりを持っているそうです。

最近では自身が考えていたよりも早いスピードで有名になってしまった事により、ネット配信などで楽曲がすぐに拡散されてしまう事などに少しずつ違和感を感じていたようです。

自身のツイッターにて上記のようにコメントしています。

もし世間の注目の集まる紅白に出演すれば、今まで以上に動画がネット上で拡散され米津さんの意図とは真逆の方向へ向かってしまいます。

自身の軸がぶれてしまい、米津米津玄師の中で納得がいかなかったのでしょう。

そのため、今回紅白出演のオファーが来たものの断ったのではないでしょうか。

サプライズ出演する可能性もあると噂されていますが・・・

この考えが本当であればサプライズ出演するとは到底思えませんけどね(笑)

 

ネット上のファンの方達は

 

こういうとこ好き!!

 

いや、本当にその通り!これからも、この方針を曲げないでほしい!!

 

コンサートの行きたくなった!簡単にテレビに出てほしくない!!

 

とこのような声が上がっています。

今年の紅白は目玉がないためどうにか米津玄師に出演してほしいでしょうね・・・

いまだに交渉していたりするかも(笑)

しかし、自分の軸をぶらさず真っすぐで凄くかっこいいですよね!!

これもひっくるめて人気があることが分かりました。

 

米津玄師さんの今後の活躍に期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です