【豆柴の大群】ナオ・オブ・ナオの未成年飲酒が発覚!謝罪後の処分は?ネットの声もまとめ

 

2020年2月18日発売の写真誌『SmartFLASH』にて、5人組女性アイドルグループ『豆柴の大群』メンバーの未成年飲酒写真が掲載され、ファンの間で大きな話題となっています。

この記事では飲酒が発覚したメンバーやその後、ネットの声などの気になる情報をまとめています。

『豆柴の大群』ナオ・オブ・ナオの未成年飲酒が発覚!

女性アイドルグループ『豆柴の大群』のメンバー、ナオ・オブ・ナオさんが19歳の時に飲酒していたことが報道されました。この時、友人の引越し祝いの会で、缶のアルコール数本とシャンパンなどを飲んでいたナオさん。また、自ら「泊まる」と発言し、友人男性らと朝まで雑魚寝していたとの証言も上がっています。

そんな中、所属事務所は2月18日にグループの公式サイトを更新。同日発売の『SmartFLASH』で報じられた、メンバー、ナオ・オブ・ナオの「未成年飲酒」写真報道を本人に確認した上で事実であると報告しています。

公式サイトでは、『WACK』の渡辺淳之介代表取締役の名前でコメントを発表。「弊社所属のナオ・オブ・ナオに関しましてご報告を申し上げます」とし「2月18日発売のFLASHの紙面におきましてナオ・オブ・ナオが未成年時に飲酒していた様子が報じられることになっております。本人へ確認したところ、完全に事実と確認できました」と伝えています。

 

『豆柴の大群』とは?

『豆柴の大群』は、バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のアイドルオーディション企画『MONSTER IDOL』から誕生したアイドルグループです。

メンバーは今回飲酒が発覚したナオ・オブ・ナオさんをはじめ、アイカ・ザ・スパイさん、ミユキエンジェルさん、ハナエモンスターさん、カエデフェニックスさんの5人で構成。

お笑いトリオ『安田大サーカス』のクロちゃんがプロデュースしたことでも話題となり、昨年末に発売されたデビューシングル『りスタート』がオリコン・ウィークリーランキング1位を獲得しています。

ちなみにクロちゃんは同番組内の視聴者投票でプロデューサーを解任。現在はアドバイザーに就任し、グループ活動に関わっているようです。

 

ネットの声は?

この報道に対し、ネット上では当然ながら批判の声が続出。しかし、「素人時代だからOK」「過去のことだし、別にどうでも良い」と彼女を擁護するコメントも多く上がっています。

また、まだまだ世間的な認知度で言えば低いグループだけに、今回の騒動が「名前を知られるきっかけになってよかったのでは?」といった前向きな意見もあるようです。

 

ナオ・オブ・ナオの今後は?

事務所は公式サイトで「日ごろよりお世話になっております関係者の皆様、また、応援して下さっているファンの皆様に対して、多大なるご迷惑とご心配をこれからおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

「現在、本人は成人しておりますが、事態の重さを鑑みて、ナオ・オブ・ナオに関しては深く反省を促し、今後このようなことがないよう、しっかりと監督し、今まで以上に豆柴の大群の活動に精進させたいと存じます」とコメントしています。

そして今後については、「弊社としましても、本件を重く受け止め、ご迷惑をおかけした皆様には誠心誠意対応させていただき、改めて社員・アーティストへの指導・教育を徹底し、再発防止に努めて参ります」とし、特にこれといったお咎めはない模様。

また、ナオさん本人も自身のツイッターを通じて「申し訳ありませんでした」と謝罪し、「これから芸能人としての自覚を持って真摯に活動していきます」と綴っています。

今回はナオさんがデビューしたてだったことや、世間的認知度が低かったため処分が下るということにならなかったのでしょう。もし、彼女に大きなスポンサーがついていたり、大人気アイドルだったならば大問題となり、最悪グループからの「脱退」や「謹慎」もありえたかもしれません。

 

まとめ

今回はアイドルグループ『豆柴の大群』の未成年飲酒スクープについてまとめてみました。

この件について事務所はじめ、本人が正式に謝罪。飲酒は「事実である」と認めていますが、彼女やグループに対し、特に大きな処分は行われなかったようです。

今回は「お咎めなし」で終わったものの、今後人気が出た後にもっと大きなスクープが飛び出さないよう活動してほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です