日本で一番稼いでいる【YouTuber】は?年収&人気の秘密を紹介!

現在、チャンネル登録者数825万を誇る、YouTuberのヒカキンさん。

このほかの事業を含めると日本一稼いでいると言われていますが、その年収が気になります。

また、どのような方法で稼いでいるのか人気の秘密も調べてみました!

 

ヒカキンのプロフィール

本名 開発光(かいはつひかる)
生年月日 1989年4月21日
出身 新潟県 妙高市
身長 174.9cm
体重 68kg
血液型 O型

ヒカキンさんは1989年4月21日、新潟県妙高市に次男として誕生。

小さい頃は、教室のすみっこにいるようなおとなしい子供だったと言います。

そんな彼の小学生時代の夢は「スキージャンプでオリンピックに出場すること」。実は高校生までスキージャンプをしており、活躍していたそうです。

しかしある時、テレビで見た「ヒューマンビートボックス」興味を持ち、音楽に専念するように。中学校卒業後、地元の新潟県立新井高等学校に進学し、上越でのライブ活動などをスタートさせています。

そして、2006年12月にYouTubeにて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設。YouTuberとしての人生を歩み始めます。

 

ヒカキンの年収は?

ヒカキンさんの年収はおよそ10億円を超えると言われています。

とてつもない金額ですが、実はYouTuber以外にもいくつかの収入源を持っているヒカキンさんはメインチャンネル以外にもサブチャンネルでの収益、さらに芸能活動のギャラも得ています。

全ての収入源をトータルした金額が10億円を越しているということになるようですね。

それではさっそく、その内訳を細かく見ていきましょう!

YouTubeチャンネル

まず、ヒカキンさんのメインの収入源はYouTuberとしての活動です。2019年時点で「HIKAKIN」、「HikakinTV」、「HikakinGames」、「HikakinBlog」と4つのチャンネルを運営しており、動画の総アクセス数は72億回を突破したという結果が出ています。

さらに同時点で全チャンネルの登録者数は計1080万人以上、そして月間アクセスは2億回達成し、収入5億5,800万円以上を獲得しています。

企業とのタイアップ動画

さらに、ヒカキンさんはチャンネルで企業とのタイアップ動画も投稿。

ここでは企業の商品PR動画を作成し、広告塔として視聴者に商品を紹介しています。

タイアップ動画は大体「チャンネル登録者数×1円」が相場だと言われており、ヒカキンさんのチャンネル総登録者数は1,430万人以上いるため、タイアップ動画1本の相場は1,430万円以上ということになります。

そんなヒカキンさんは1ヶ月平均5本ほどのタイアップ動画に出演。月収7,150万円以上と考えると、1年で8億5,800万円以上は稼いでいることになります。

テレビ・CM出演

日本一のYouTuberとして2018年ごろからテレビ出演しているヒカキンさん。最近では1ヶ月1本のペースでバラエティなどで活躍しており、人気を博しています。

出演料は公表されていませんが1本100万〜200万円と考えると年間で1000万円以上は稼いでいると考えられてます。

さらにCMにも登用されており、1本当たり1,000万円のギャラが支払われているそうです。テレビ出演に比べると回数は少ないですが、年間2本出演した場合、1年で約2,000万円稼いでいる計算になります。

事務所の役員報酬

ヒカキンさんは所属事務所『UUUM』の最高顧問を務めています。

これによる役員報酬は公表されていませんが、「UUUMの2019年の有価証券書」によると社外取締役(監査等委員)の役員報酬が3,929万円、取締役(監査等委員、社外取締役を除く)が1億4,950円ということですから、かなりの金額をもらっているは明らかですね。

この他にも本の出版がグッズの販売で収入を得ているヒカキンさんは、YouTuberが夢のある仕事だということを世間に広めています。

 

ヒカキンの人気の秘密は?

次にヒカキンさんの動画がここまで愛される理由について調べてみました。

これから「YouTubeを始めたい」というかたにとって大きなヒントになるかもしれません。

「商品レビュー」の開拓者

YouTuberがこぞってしている企画には「使ってみた」「食べてみた」「開封してみた」などの「商品レビュー」が挙げられます。

これらの動画をメジャーなジャンルとして確立したのがヒカキンさん!当時はスーパーで数年間社員として働いていたこともあり、その経験を生かして商品レビュー動画を投稿し始めたと言われています。

するとその物珍しさで動画を視聴するユーザーが徐々に増えていき、今の登録者数へと繋がったようですね。

ターゲットは低年齢層

はじめは特技のビートボックスなどの音楽関係の動画を発信していたヒカキンさんでしたが、途中から漫画やゲームなど子供が親しみやすい商品を紹介するチャンネルへと移行していきます。

それらは小さい子でも理解しやすいシンプルな言葉で紹介され、商人を使ったり食べた際の大げさなリアクションもヒットにつながったようです。

まとめ

今回は日本で一番稼いでいるというヒカキンさんについて紹介しました。

現在まで全くブレることなく自分のスタイルを貫いているところも人気の一つなのかもしれませんね。

今後、YouTubeで稼ぎたいという方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です