【向井理】はリケダン!?デビューまでの経歴が凄すぎた

今度の「全力!脱力タイムズ」に出演するイケメン俳優の向井理さん。

実は大学時代は遺伝子工学を専攻する“理系男子(リケダン)”だったそうです。

今回は向井さんの出身大学や高校、デビュー前の経歴を徹底的にまとめてみました。

 

向井理の簡単なプロフィール

名前:向井理(むかい おさむ)
本名:向井理(むかい おさむ)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1982年2月7日
身長:182cm
デビュー時期:2006年
所属事務所:ホリエージェンシー

 

2010年に朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の村井茂役を演じ、ブレイクした向井さん。

それ以降は“塩顔男子”の代表格となり、様々なドラマや映画で活躍しています。

そんな向井さんの代表作には、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」「ハングリー!」があります。

後者の作品では主演の山手英介役を演じ、多くの女性ファンを獲得しました。

またCMタレントとしても売れっ子で「雪印メグミルク」や「ブルボン」のCMでもお馴染みです。

 

そんな向井さんは2014年に女優の国仲涼子さんと結婚し、世間から注目と祝福の声を集めています。

そして2015年9月には、第一子長男の誕生を報告。

現在はイクメンパパの一人として幸せな家庭を築いている様です。

 

向井理の高校は?獣医師を目指していた!

次に気になる向井さんの出身高校ですが、その名前は公表されていませんでした。

さらに調べてみると、「神奈川県立氷取沢高等学校」だという見方が強いようです。

同校の偏差値は56程度ですが、県より「国際教育研究推進校」に指定されているといいます。

そんな向井さんが高校時代に描いた夢は、獣医師になることでした。

これに関しては、自身が動物好きだったことからこの仕事がしたいと思うようになったといいます。

しかし、「獣医学部」は実は日本で最も難関な進学先の1つとして有名。

そんな中で必死に獣医師を目指しますが、残念ながら学部進学は果たせなかったようですね。

 

向井理の大学は?

高校卒業後、向井さんは「明治大学農学部生命科学科」へ入学。

そして、2005年3月に無事、同学部を卒業しています。

実は1年浪人して「明治大学」に入学していた向井さん。

前述したように、やはり獣医になりたかったのだと思います。

そのため出身地である神奈川県下にある獣医科に志望していたと言われています。

“リケダン”として活躍!受賞歴がすごい!

大学では遺伝子工学を専攻し、2004年の「第29回国際動物遺伝学会議」に出場。

ここで『ベストポスターアワード』を受賞しています。

この時の研究論文は今後、医薬品を作る上で大きな助けになるんだとか。

そしてこの賞は動物遺伝学の世界では権威ある賞で、この世界でたちまち注目を集める存在に。

また、向井さんは授業でも優秀な成績を残し、教授から大学院に来てほしいと頼まれたそうです。

 

卒業後はバーテンダーに就職!

大学進学後の向井さんは研究学問以外にもアルバイトに打ち込んでいました。

当時はバーテンダーの仕事をしており、大学卒業後はカフェバーに就職しています。

そしてバーテンダーで働いているときに雑誌『Tokyo graffiti(東京グラヒィティー)』に掲載。

 

その後も同雑誌の4冊目と12冊目にも登場しています。

すると、イケメンバーテンダーとして注目を集め、芸能事務所からのスカウトが!

そして現事務所に所属し、2002年から男性雑誌のカットモデルとしてデビューしています。

 

今回は向井理さんのデビュー前の経歴や学歴についてまとめてみました。

大学では権威ある賞を受けるほどの研究をし、リケダンとして活躍していたそう!

そんな実力がありながらバーテンダーとして働いていたことにも驚きました。

現在は奥さんと子供をもうけ、ドラマや映画に引っ張りだこの向井さん。

これからの活躍にも大きく期待し、応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です