【乃木坂46・能條愛未】が卒業!!理由はあのスキャンダルにあった!?

「華の94年組」とも呼ばれる黄金世代の1人、乃木坂46の能條愛未が卒業!

アイドルグループ「乃木坂46」の能條愛未さんが5日、グループからの卒業を発表しました。

今回はその卒業理由について書いていきます。

乃木坂46・能條愛未さん卒業へ!

乃木坂46のアンダーメンバーによる「アンダーライブ」の北海道シリーズ千秋楽公演が5日行われ、能條愛未さんがグループからの卒業を発表しました。

卒業は今年12月15日(土)です。

21stシングル「ジコチューで行こう!発売記念個別握手会が乃木坂46として最後の活動予定となっているそうです。

 

卒業後も芸能活動を続けていくという彼女。

ファンも一安心?なのではないでしょうか。

 

コンサートのアンコールで「乃木坂の詩」を歌った後、

この場を借りて、みなさんにお伝えしたいことがあるので、少しだけ私に時間をください

と切り出した能條さん。

ファンが固唾を飲んで見守る中、深呼吸をして、「私、能條愛未は乃木坂46を卒業します」と発表。

その心境は…

この決断をしたのは、1年半前の全国ツアー中です。

直感というか、感覚で『もうそろそろここを出て次のステージに行こう』

という気持ちが出てきて、スタッフさんと話し合って、今年いっぱいをめどに活動してきました。

と経緯を述べた上で、

16歳の時に乃木坂に入って、7年間、本当にたくさんの経験をしました。

乃木坂に入ってなかったらできなかったこともたくさんさせてもらったし、すばらしい景色もたくさん見せていただきました。

でも、つらくて、悔しくて、もどかしくて…自分がいやになって、数え切れないほど涙もたくさんたくさん流しました

この7年間、私にとって悔いはありません。この先も不安はありません。

大切な同期に出会えて、たくさんの壁を一緒に乗り越えて苦楽をともにして。

かわいい後輩も入ってきて、最初は怖がられてたけど仲良くなることができて。

3期生も入ってきて、すごくキラキラしていて、この子たちがいたら乃木坂の未来は明るいなって思わせてくれました。

私は卒業してしまいますけど、乃木坂にはこんなにたくさん魅力にあふれるメンバーがいます。

だからこれからも、乃木坂46の応援、そしてアンダーメンバーの応援、よろしくお願いいたします!

と涙ながらに心境を語ってくれました。

悔いはない

と語っておりましたが、本当にこれで卒業でよかったのでしょうか。

彼女の本音が気になるところではありますね…

「華の94年組」能條愛未さんの簡単なプロフィール

ここで、彼女のプロフィールを簡単にご紹介します。

名前:能條愛未
所属事務所:乃木坂46合同会社
生年月日:1994年10月18日
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長:163cm
靴のサイズ:24.5cm
合格期:1期生
選抜回数:2回

能條さんは2011年8月に乃木坂46に1期生として加入した初期メンバーです。

小学校に上がる前から女優に憧れ

  • ダンス
  • バレエ
  • 演技

などレッスンを受けていたといいます。

小学校時代は本格的に芸能界デビューを目指し、小学校5年生の頃に舞台『アニー』のオーディションを受けました。

が結果は二次審査で落選

しかし、この結果が芸能界への想いを更に強くします。

 

中学校3年生の頃から芸名”麻生梨里子”としてミュージカルに出演。1年間で3作品に出演して主演を務めました。

またティーンアイドルグループ「青春女子学園」でも活動していたそうです。

その後『ミスセブンティーン2010』『ミスマガジン2011』などの最終候補までに選ばれた能條さん。

その後ドラマ『熱いぞ!猫ヶ谷!!(メ~テレ)』で本格的にテレビ女優デビューを果たしました。

 

乃木坂46に加入後は同グループの1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

ファンもたくさん増え、皆から「じょーさん」「ジョンソン」「あみあみ」などの愛称で親しまれているバラエティ要素も強いメンバーの一人になりました。

乃木坂46のエースと呼ばれ、同期の絆も強いことで有名です。

このような豪華な面々が揃っているので、「華の94年組」とも呼ばれる黄金世代の1人でした。

乃木坂46の活動以外にも女優として活躍の場を広げていた能條さん。

歌唱力も高いと評判で、この日のアンダーライブでも人気楽曲「逃げ水」のアレンジバージョンをセンターポジションで歌っていたそうです。

なぜ卒業してしまうのか?

卒業の決断をしたのは一年半前の全国ツアー中だったという能條さん。

いつ発表するか、長い間悩まれていたのでしょうね。

それを決めたきっかけは自分なかでの

このままではだめだ!次へ進まなくては

という気持ちが湧いたからだと言っています。

具体的な目標や将来のビジョンも明確になってるみたいなので、とても前向きな卒業理由だと言えますね。

 

しかし、これまでの活動を振り返ると能條さんの選抜回数は2回のみ。

しかも4thシングル「制服のマネキン」以降、12枚連続アンダーというポジションなんです。

どんどん有能な若手メンバーが育っていき、3期生も加入した今、選抜に復帰するのはなかなか難しいと考えたのかもしれませんね…。

熱愛を報じられたことが卒業の原因では?

能條さんは今年4月15日に放送されたインターネット番組『直撃!週刊文春ライブ』で俳優の戸谷公人さんとのお泊りデートが報じられてしまいました。

そこで発覚した熱愛スキャンダルが大きな話題に!

 

戸谷さんは2005年、15歳の時に「第1回アミューズ王子様オーディション」で応募者約5000人の中から準グランプリを受賞。

これがきっかけで、芸能界入りし、2007年に『椿三十郎』にてデビューしています。

その後は、『ペット大集合!ポチたま』のレギュラーや、『仮面ライダーディケイド』の海東大樹 / 仮面ライダーディエンド役など様々な番組・作品にも出演。

注目の若手イケメン俳優の一人として活躍しています。

 

能條さんと戸谷さんが出会ったきっかけはミュージカル『少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜』での共演だそうです。

 

同じ年の4月10日に戸谷さんが能條さんの自宅にお泊りをしていたそうです。

合鍵を使って出入りをしていることを「週刊文春」によりスクープされてしまいます。

またお泊りデートの翌日には能條さんは戸谷さんの車で某パワースポットへドライブデートをしており、その外出先で「週刊文春」の記者によって突撃取材を受けています。

それに対してふたりは応えることなく逃げるように立ち去ったとのこと。

その映像や記事でファンの間には大きな動揺が広がりました。

 

選抜にも選ばれず、グループの中でくすぶっていた能條さん。

恋愛スキャンダルが発覚してしまったことでファン離れが加速、拡大してしまいます。

また、運営からも本人からもこのことについて何も言及されず、謝罪もないまま。

これに怒ったファンたちはさらに離れていき、ポジションも変わらずアンダーのまま。

このまま卒業か?と噂されるようになってしまいます。

もしかするとこの報道が引き金となって乃木坂46を卒業を決意したのかもしれませんね。

卒業後の活動は?

卒業しても芸能活動は続けることが決まっているみたいです。

最近では舞台などの活動が目立っていた彼女。

卒業してからも芸能界には残ります。

ここからが私にとっての新たなスタートとなります。

自分の足でしっかり前へ進み立派に1人で戦っていきたい

これからは主に女優としていろいろなお仕事をされる予想となっております。

卒業すれば、堂々と交際を宣言できるかもしれませんしね!

彼女の今後の活躍に期待です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です