【元NGT48山口真帆】がドラマ初出演!経歴や事件&今後についてまとめ

 

元NGT48で女優の山口真帆(やまぐちまほ)さんが2020年1月12日より日本テレビ系で放送される連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に出演することが発表されました。そんな山口さんは2019年1月にファンから暴行被害にあい、連日ワイドショーで報じられるくらいの大きな騒ぎに。この記事では山口さんの経歴やプロフィール、事件の内容、そして今後についてまとめています。

 

山口真帆のプロフィールと経歴

 

 

名前:山口真帆(やまぐち まほ)
生年月日:1995年9月17日
出身地:青森県八戸市
最終学歴:八戸学院光星高校卒業
所属事務所:AKS

青森県出身の山口真帆さんは2016年1月に新潟初のアイドルグループNGT48の1期生として劇場デビューを果たしました。すると『まほほん』という愛称でメンバーはじめ多くのファンから人気を集めています。

2018年4月には『スペシャルライブinグアム』の選抜メンバーに抜擢されるなどグループの中心としても活躍。同年7月にチームN3からチームGへ異動し副キャプテンに就任しています。

2019年5月にグループを卒業し、以降は写真集を発売するなどソロで活動。女優としての今後が期待されています。

 

山口真帆が連続ドラマに初出演!

 

 

山口真帆さんが2020年1月12日から日本テレビ系列で放送される連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でドラマ初出演をすることが発表されました。

 

ストーリー&役どころは?

 

 

同ドラマは驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、世の中のグレーな事件に“シロクロ”をつけるというアクションストーリー。悪質なセクハラやパワハラ、不正などの噂などの社会の闇を暴くヒーローとヒロインを描いています。

また、女優の清野菜名さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務めることでも話題に。今もっともブレイクしている人気役者の2人とだけあって、放送前から注目を集めています。

山口さんはドラマの初回にゲストとして出演。ここではIT会社の社員役で登場するそうです。そしてこの役については、「色々悩みながら、追い詰められたり、悲しい思いもするけれど、強く生きていく女性」と語り、難しい役どころだと話しています。

 

意気込みをコメント

 

 

今回、ドラマ初出演が決まった山口さんはその喜びを次のようにコメントしています。

「初めてドラマに出演させていただくこととなり、本当に嬉しいです。ストーリーがすごく面白い作品で、第1話にゲストで出演できるのは、すごく光栄です」

最後には「難しい役どころでしたが、自分だったらどうしたか、自分も演じた女性のように強く生きることへ憧れる部分もあったので、いろんな人への勇気につながると嬉しいです」と呼びかけ、意気込み十分な様子を見せています。

 

山口真帆の暴行事件って?

 

 

山口さんはNGT48に所属していた2018年12月8日に新潟市内の自宅マンションで一般男性2人から暴行されるという事件に巻き込まれています。この時、山口さんは顔を掴まれ口を塞がれるなどの暴行を受け、警察に通報。実行犯である男性2名は逮捕されたものの、同月末に不起訴となり釈放されました。

しかし当初はメディア等で報じられず、事件は表沙汰になっていませんでした。ですが2019年1月8日から翌日にかけて、山口さん本人がSHOWROOMおよびSNSによって涙ながらに被害内容を告発。このことで事件の一連の流れが世間に明るみになったのです。

この時、他のNGT48メンバー複数名が事件に関与していたという衝撃的な事実も告白。さらにNGT48の運営スタッフが適切な対応を行わなかったことも暴露しています。

 

グループからの卒業を発表

 

 

事件後の2019年1月10日の3周年記念公演において山口さん本人がステージに立ち、騒動を謝罪。しかし被害者が謝罪するという対応について世間からは疑問や批判の声が上がっていました。

また責任者である元劇場支配人・今村悦朗さんが姿を見せなかったことも日本だけでなく世界のメディアから批判を集める結果となっています。

そして同年3月22日に第三者委員会による調査報告に関するAKSの会見が開かれ、運営代表者らが出席。山口さんは欠席していましたがその最中に自身のツイッターを計5度更新し、AKSの主張にリアルタイムで反論しています。

そして4月21日にNGT48劇場で101日ぶりに公演に出演し、ファンの前に姿を現した山口さん。アンコールの後「(事務所社長に)会社を攻撃する加害者」と言われていたことを明かし、「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」とグループからの卒業を発表しました。

山口真帆の今後は?

 

 

2019年4月21日にNGT48劇場でグループからの卒業を発表した山口真帆さん。同年5月19日にNGT48としての活動を終了し、5月25日付けで芸能事務所『研音』に移籍しています。

また、8月1日には公式サイトと公式ファンクラブを開設し、9月17日には初写真集『present』を発売するなどファンを喜ばせた彼女。

そして今回連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』への主演が決まり、仕事は絶好調の様子。同作の公式ツイッターは「初めてのお芝居に向けて意気込みを語ってくれました」と山口さんのコメント動画を公開し、その中で次のように語っています。

「これからの女優の活動を通しても、いろんな人に応援してもらえる女優になれたらいいなと思いました」

このように今後さらなる飛躍をしていくことを約束した山口さん。アイドルから脱却し、今度は女優業を中心に活動していくものと見られます。

 

まとめ

 

今回は元NGT48で女優の山口真帆さんについてまとめてみました。

昨年2019年には暴行事件に遭っていたことが世間に明るみになり、世界でも報道されるなど大きな騒ぎに。そんな辛い出来事を乗り越え、今度は女優としての再スタートを切っています。

そんな山口さんのますますのご活躍を祈り、今後も応援していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です