ロボアドバイザー25日目【運用実績報告】

こんばんは!ちゃんかわです!

いやー本日も仕事が疲れました・・なんか自分だけ仕事量多くない?!ってレベルです。

今日は実績報告を書き終えたら早めに寝ます(笑)

では早速振り返っていきます。

24日目運用実績

ウェルスナビ実績

24日目のポートフォリオになります。昨日までの3日間でとてつもなく相場が下がりました。

今回はさらに下がっています・・・もうやだー・・・

打ち分けは米国株(VTI)-¥10,098円、日欧株(VEA)-¥10,394円、新興国株(VWO)が-¥7,785円、米国債券(AGG)-¥313円金(GLD)+¥4,113円と不動産(IYR)-¥3,799円トータル-¥25,544円のマイナス損益

米国株(VTI)-¥2,057円、日欧株(VEA)-¥1,159円、新興国株(VWO)-¥1,634円、米国債券(AGG)-¥126円金(GLD)-¥393円と不動産(IYR)+¥177円の相場の変動があり-¥4,386円のマイナス損益となっております

テオ運用実績

テオは+¥1,414円のプラス損益、-¥36,670円と少しですが回復しました。

25日目運用実績

ウェルスナビ実績

25日目はさらに下がっています・・・・・

打ち分けは米国株(VTI)-¥11,070円、日欧株(VEA)-¥14,353円、新興国株(VWO)が-¥8,262円、米国債券(AGG)-¥278円金(GLD)+¥4,639円と不動産(IYR)-¥2,870円トータル-¥29,482円のマイナス損益

米国株(VTI)-¥972円、日欧株(VEA)-¥3,959円、新興国株(VWO)-¥477円、米国債券(AGG)+¥35円金(GLD)+¥526円と不動産(IYR)+¥929円の相場の変動があり-¥3,938円のマイナス損益となってしまいました

テオ運用実績

テオは-¥2,904円のマイナス損益、-¥39,574円とまたマイナスになってしまいました。

安定しないですねーー。

本日の経済ニュースピックアップ

「年末円安」のアノマリーは繰り返されるか

10日発生した米株価急落に伴う市場の混乱は、ボラティリティー・インデックス(恐怖指数、VIX指数)が急騰した今年2月の株価急落との類似性が指摘されている。たとえば、いずれも米10年債金利がそれまでのピークを越えて上昇後、しばらくして発生した。

2月の混乱は1週間(5営業日)で終了。終値ベースでみると米株価指数は1週間で9%弱下落し、その後の2週間強で下落分のほとんどを取り戻した。最初の2営業日で24ポイント急騰したVIX指数も、株価が戻す中で反落した。

一方、今回の動揺は2月のときよりも長い。この原稿を執筆している23日時点でもまだ収束しておらず、およそ2週間続いている。しかし、米株の下落幅は5%弱と、2月に比べて半分程度にとどまっている。VIX指数の上昇も、2月に比べて半分程度だ。米10年債金利は2月も10月もやや大きめに低下したが、すぐに反転上昇し、どちらも大きな動きにはつながっていない。

JPモルガンの米国株式ストラテジストによると、システムトレードを行っている市場参加者のテクニカルな売りは、19日までに80%程度が終了。一方、7─9月期における米企業決算の1株利益(EPS)は前年同期比25%増の42ドルと、市場予想の40.5ドル(同21%増)を上回る見通しである。

JPモルガンは、好決算と直近の株価下落を受けて、S&P500種銘柄による自社株買いが増加する可能性があると予想している。今年の自社株買いはこれまで8000億ドル(約90兆円)程度とみていたが、現在は9000億ドルから1兆ドルに上方修正した。米株は反発に向かう可能性が高い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です