ロボアドバイザー3日目【運用実績報告】

はじめに2日目の振り返り

何もしなくてもコツコツお金を増やしてくれるロボアドバイザー実績報告3日目ですが調子よく結果が表れています。

まずは2日目を振り返り、3日目の実績を見ていきましょう。

 

2日目ウェルスナビ振り返り

まずは2日目の振り返りをしましょう。

上記ポートフォリオが2日目の実績になります。

米国株(VTI)+¥6,572円、日欧株(VEA)+¥370円、金(GLD)+¥1,519円、不動産(IYR)+¥57円

トータルで+¥8,518円の収益となりました。

新興国株(VWO)が-¥2,584円と米国債券(AGG)-¥29円のトータル-¥2,613円の損益でした。

+¥8,518円から-¥2,613円を差し引いて+¥5,743円の利益となっていました。

2日目テオ振り返り

上記実績が2日目の運用実績です。

トータルでは-¥11,413円で、1日目は-¥13,097円でしたので1,684円ほど回復していました。

3日目でどれほど回復したのか、はたまた値下がりして損益が増えているのか確認してみましょう。

3日目運用実績報告

ウェルスナビ運用実績

ウェルスナビ3日目のポートフォリオになります。

米国株(VTI)+¥8,377、日欧株(VEA)+¥1,490円、金(GLD)+¥1,793円、不動産(IYR)+¥48円

トータルで+¥11,708円の収益でした。

2日目の米国株(VTI)+¥6,572円より+1,805円、日欧株(VEA)+¥370円より+¥1,120円、金(GLD)+¥1,519円より-¥274円、不動産(IYR)+¥57円より-¥9円となり米国株(VTI)と日欧株(VEA)が大幅な値上がりをしていますね。

新興国株(VWO)が-¥2,140円と米国債券(AGG)-¥20円のトータル-¥2,160円の損益でした。

+¥11,708円から-¥2,160円を差し引いて+¥9,548円の利益となりました。

3日で1万円と考えると大きいですね。

テオ運用実績

米国の中型株(VOT)が+¥381円、米国の大型割安株(VTV)が+¥49円と値上がりプラスの転じましたね。

コツコツとマイナスを取り戻してくれています。

トータルでは-¥8,058円で、2日目は-¥11,413円でしたので3,355円ほど回復していました。

順調にいけばもう少しでプラスになってくれそうですね。

そんなに上手くゆくかはわかりませんが期待しています。

今日の経済ニュースピックアップ

米国株は上昇、アップルやエネルギー株が高い

米国株式市場は上昇。アップルが買われ、ハイテク株全体の上昇を主導した。エネルギー株も高い。

アップルは2.5%高。12日に開催するイベントで「iPhone(アイフォーン)」の新機種を発表するとみられている。

マイクロソフトが1.7%、フェイスブックが1.1%、それぞれ上昇したことも、ハイテク株.SPLRCTを押し上げた。

原油高でエネルギー株.SPNYも買われ、エクソンモービルは1.4%高、シェブロンは0.5%高となった。

「カテゴリー4」のハリケーン「フローレンス」は14日に米南東部に上陸すると予想され、ハリケーンの通過後に販売が伸びる可能性が見込まれる銘柄に買いが入った。ホーム・デポは1.5%高、ロウズは1.6%高。建設資材関連株も好調だった。

一方、ウエスタンデジタル(WD)は3.6%安。RBCが投資判断を引き下げ、NAND型フラッシュメモリーの軟調な需要が引き続き業績に影響すると指摘した。

アクティビジョン・ブリザードは7.1%、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエアは3.7%、それぞれ上昇。ホリデーシーズンの両社のゲーム販売についてスタイフェルが明るい見通しを示した。

米国ハイテク産業の新たな開発や発表により株の相場が上がったようですね。

株だけでなく為替などにも大きな影響を与えてくれるのではないでしょうか。

まだまだ米国大型株は上がってくるのではないでしょうか、今後の動きに期待しましょう。

ではまた次回4日目更新していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です