ロボアドバイザー9日目【運用実績報告】

はじめに

資産運用を始めて9日目ですが着々と資産が増えてきています。

しかし、この9日間で相場の上昇や降下を繰り返し安定しない状態が続いているので今後の相場の変動が気になるところです。

8日目運用実績振り返り

ウェルスナビ実績

ウェルスナビ8日目のポートフォリオになります。

7日目に比べ変動がありましたが、少し相場が下がっていました。

打ち分けは米国株(VTI)+¥10,293、日欧株(VEA)+¥8,214円、新興国株(VWO)が¥99円、米国債券(AGG)+¥254円金(GLD)+¥2,496円と不動産(IYR)+¥458円トータル+¥21,652円のプラス損益となってしまいました

米国株(VTI)-¥2,582円、日欧株(VEA)-¥48円、新興国株(VWO)が¥2,582円、米国債券(AGG)-¥54円金(GLD)+¥341円と不動産(IYR)+¥122円の相場の変動があり、米国株と新興国株の値下がりが大きかったです

テオ運用実績

7日目まで+¥121円だったのですが、またマイナスに逆戻になりました。

打ち分けではグロースの日本株(EWJ)が+¥532円、米国の中型成長株(VOT)が+¥190円、米国の大型割安株(VTV)が+¥500円以外はマイナス、インカムはプラスはなしです

インフレヘッジは米国のリート・不動産株(IVR)+¥73円のみとなりました。

9日目運用実績報告

ウェルスナビ実績

ではウェルスナビ9日目のポートフォリオになります。

今回もまた相場の変動があり相場がかなり上昇しました。

打ち分けは米国株(VTI)+¥13,180、日欧株(VEA)+¥12,798円、新興国株(VWO)が¥1,663円、米国債券(AGG)+¥292円金(GLD)+¥2,614円と不動産(IYR)+¥430円トータル+¥30,815円の損益となりました

米国株(VTI)+¥2,887、日欧株(VEA)+¥4,584、新興国株(VWO)+¥1,564、米国債券(AGG)+¥38円金(GLD)+¥118円と不動産(IYR)-¥28円の相場の変動がありました。米国株と新興国株の価格上昇がすごいです

テオ運用実績

8日目でマイナスの-¥1,176円の損益に逆戻りでしたが9日目で+¥6,427円のプラスに戻りました。

今回の相場で大きく変動があったのはグロースの日本株(EWJ)が+¥2,396円、米国の中型割安株(VOE)+¥608円、米国の中型成長株(VOT)が+¥819円、米国の大型割安株(VTV)が+¥934円でした。

まとめ

この短い期間でも大きく相場が上下していますね。アメリカのアップル社がアイフォーンの発表でアメリカ株の相場が急上昇して、現在米中間で関税の引き上げ問題で米中貿易戦争が勃発し相場が下がりました。今回またアメリカ株の相場が上昇しましたが影響を与えたのはどんな出来事なのでしょうか。

現在日本株も上昇しています。いま日本では安倍晋三氏と石破茂氏の自民党総裁選などもあり株価の上昇に影響を与えていますので今後も株価が上がると思われます。

次回10日目の実績報告でニュースをピックアップして更新します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です