【渡辺真知子】の経歴まとめ!実家&家族構成は?結婚や熱愛の噂も調査

「かもめが翔んだ日」などのヒット曲で知られる渡辺真知子さんが、
11/23 (土)放送の「出没!アド街ック天国 ~横須賀~」に出演されます。
この記事では渡辺さんの経歴や結婚、実家やご家族についてまとめています。

渡辺真知子のプロフィールと経歴

 

芸名 渡辺真知子(本名:渡邉 真知子)
生年月日 1956年10月23日
出身地 神奈川県 横須賀市
カテゴリー シンガーソングライター
所属レコード会社 ソニーミュージックダイレクト
所属事務所 カモメミュージック
活動開始 1977年

渡辺さんは1975年の高校生時代にヤマハポピュラーソングコンテストに参加。
この時「PIA」というグループで参加しましたが、すでにソロ活動も行なっていたそうです。
そして、『オルゴールの恋唄』で「審査員特別賞(川上賞)」を受賞。
1977年にデビューした後は、数々のヒットソングを発表しています。

当時は松任谷由実さんや中島みゆきさんなどの歌姫と並んで人気に。
また、テレビ番組やラジオ番組にも積極的に出演し、
その天真爛漫な人柄で知られ、テレビ出演時の軽快なトークで人気を集めました。
そんな渡辺さんは30歳でアメリカ合衆国アリゾナ州に渡り、半年後に帰国。
帰国後は全国のライブ会場を回り、ジャンルを超えて多様な音楽に触れています。
さらに書道は八段の腕前で、NHK「ふたりのビッグショー」では「海」という作品を紹介。
2010年4月15日には前事務所を離れ、個人事務所を設立する旨の発表をしています。

 

渡辺真知子の実家&家族構成は?

神奈川県横須賀市に実家があることで知られる渡辺真知子さん。
実家では祖父母と両親、そして6学年離れた兄の6人家族の家庭で育っています。
そんな渡辺家は皆音楽好きで、父親はNHKのど自慢の本選に出場したこともあったそう。
ちなみに職業は地方公務員で娘の芸能界入りを応援してくれたと言います。
そして娘のレコードをこっそりと購入し、近所の人たちに配って回っていたとか。

一方の母親は専業主婦でとても芯の強い女性だったそうです。
そのため家族や周囲からは「鉄の女」と呼ばれ、頼りにされていたとか。
そして娘の渡辺さんが弱音を吐いても、あえて「頑張れ」とは言わず、
「食べられなくなったら戻ってきなさい」と言い、やる気に火を付けてくれたと言います。
そして、6歳離れたお兄さんは地元・横須賀での金融マンとして活躍。
とても優しい性格で昔から兄として渡辺さんを可愛がってくれていたそうです。
そんな渡辺さんの母親は2006年、父親は2007年に亡くなっています。
そこで渡辺さんは四十周年記念アルバムに両親をテーマにした曲を収録。
生きていたら照れて言えない言葉も、歌であれば素直に伝えられると話しています。

渡辺真知子は結婚している?

渡辺真知子さんは2019年現在63歳ですがご結婚されているのでしょうか?
調べてみると過去に結婚歴はなく、今も独身のままということです。
次に熱愛や彼氏についても調査しましたが、これまでに目立った特に噂はないようです。
もしかするとこれまで交際されていた方は皆一般人だったのかもしれませんね。
そんな渡辺さんは昔、面倒見の良さから「おかあさん」と呼ばれていたそうですよ。

 

まとめ

今回は歌手として活躍している渡辺真知子さんについてまとめてみました。
2010年4月22日に個人事務所を立ち上げ、以降も精力的に活動。
年齢を重ねても、その歌声とパフォーマンスは衰える事を知らないと言われています。
現在は海外でも評価され、ロシア大使館などでも歌声を披露しています。
また、毎年のようにアルバムをリリースしテレビやラジオへの出演。
一昨年は40周年コンサートを行うなど多忙な日々を送っています。
そんな渡辺真知子さんには今後も芸能界の第一線で活躍し続けてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です